コラム

Column

コラム Column

ペット葬式における身だしなみのマナーや持ち物について

2024/07/02

ペットちゃんは私たちにとって家族の一員であり、最愛の存在です。そのため、ペットちゃんを失った時には深い悲しみを感じることでしょう。そんな時に大切なのが、ペットの最期を心から送り届けることです。

ペット葬式では、服装や身だしなみ、持ち物などについても配慮が必要です。

今回は、ペット葬式に参列する際の身だしなみのマナーと必要な持ち物についてご紹介します。

身だしなみのマナー

1. 服装について: ペット葬式では基本的に私服で構いませんが、葬儀の性格や場所によって適切な服装が異なります。一般的には、黒や地味な色合いの服装が好まれますが、ペットちゃんとの思い出を共有する場合は、鮮やかな色や柄の服装も良いでしょう。

2. メイクと髪型: 深い悲しみに暮れる中でも、ナチュラルなメイクと整えた髪型を心がけましょう。過度な派手なメイクや髪型は避け、落ち着いた雰囲気を保つことが大切です。

3. アクセサリーと香水: お葬式では控えめなアクセサリーや香水を選びましょう。派手な装飾や強い香りは、周囲の方々に不快感を与える可能性があります。

4. 手入れ: 手や爪の清潔さも重要です。悲しみに暮れる中でも、清潔感を保つことで心を落ち着かせることができます。

必要な持ち物

1. ハンカチ: 涙を拭くためのハンカチは必須です。黒や地味な色合いのものを用意し、必要に応じて使用しましょう。

2. 数珠: お参りやお経を唱える際に使用する数珠は、ペット葬式でも重要です。ペット用の数珠も販売されていますが、人用のものでも構いません。

3. 手紙や写真: ペットちゃんへの思いやりや感謝の気持ちを込めた手紙や写真を持参しましょう。ペットちゃんとの思い出を共有することで、心の支えとなります。

4. お花: お花もペット葬式でよく用いられる副葬品です。ペットちゃんの好みやイメージに合ったお花を選び、供養の気持ちを表現しましょう。

5. おもちゃやフード: ペットちゃんが愛していたおもちゃや好物のフードを棺に入れることで、ペットちゃんとの絆を感じることができます。

ペット葬式は、ペットちゃんとの別れを心から惜しむ場であり、身だしなみや持ち物についての配慮が必要です。大切なペットちゃんとの最後の別れを、心を込めて送り届けましょう。

 ペット葬儀は自分でできる

お電話でのお問合せはこちら
メールでのお問合せはこちら

※営業電話・メールなどはお断りしております
※弊社より折り返しの際は090-4290-9400から架電させて頂きます

お迎え可能エリアArea

下記の地域は無料でお迎えいたします。(※その他の地域は別途高速料金を頂戴します)

京都府
京都市/亀岡市/向日市/長岡京市/大山崎町/宇治市/久御山町/八幡市/ 城陽市
大阪府
大阪市/東大阪市/八尾市/大東市/四条畷市/門真市/守口市/交野市/寝屋川市/摂津市/吹田市/豊中市/枚方市/高槻市/茨木市/箕面市/池田市/島本町/豊能町/能勢町
滋賀県
大津市/草津市/守山市/栗東市/甲賀市/野洲市/湖南市/近江八幡市/竜王町
大阪のお迎え可能エリアについて